あいやま歳時記

2020/11/22

連休の中日、あたたかく気持ちのよい日となりました。紅葉している葉は、風が吹く度に落ち、すぐに落ち葉の絨毯ができます。

 

園内の花壇は順番に一年草を抜いていく作業が

始まっています。抜いた後に、チューリップの球根を植え、来年の春の開花を待ちます。


2020/11/13

来月の5日~6日あいやまガーデンにてminiはないちを開催します!

合わせて、植物やドライフラワーを使ったワークショップもありますので是非お越しください♪


2020/11/14

ダリアの時期も終わり、今は球根を掘り起こす準備をはじめています。

園内はすっかり秋色になり、色づいた葉や実が青空にはえています。


2020/10/29

気づけばもう、11月もすぐそこ。秋の深まりを感じながら庭を歩いてきました。

ダリアは花数はまだ多いものの、強い雨があたり頭を垂れているものもあります。色合いが、歌舞伎の隈取を思わせる様な品種のダリア、名前はデュオ。様々な種類があり、それぞれに特徴的な名前がついており楽しいです。薄い紫色がとても上品なバラ、ペーパームーンという品種の写真をおさめました。


2020/10/17

昨日は、天候に恵まれ多くの方に来園いただきました。ありがとうございました。

バラは今年花数が少なめではありますが、しっとりと咲く姿や香りをお楽しみいただけると嬉しいです。


2020/10/5

今日はあいにくの天候ですが、ダリアは豪華に見頃を迎えています。一株にたくさんの花をつけ、色も形も様々で見応えがあります。


2020/10/2

ダリアの花数が増えてきました。今年は夏にも一番花を咲かせたダリアですが、また大きな花を咲かせてくれています。バラは品種により咲き始めています。カフェの秋メニューもどうぞお楽しみください♪


2020/9/26

数は少ないですが、白と赤のヒガンバナが咲いています。(撮影日9月24日)


2020/9/18

ダリアは種類によって咲いているものもありますが、全体の花数としてはまだ少なめです。

バラは10月中旬頃より咲いてくる予定です。少し涼しくなり、センニチコウ、ベゴニア、コリウスなど元気になってきております。


2020/9/12

空は秋らしくなり、パンパスグラスが似合う秋晴れです。

ガーデンは連日続いた猛暑の影響もあり、植物たちもお疲れぎみに見えます。もう少し涼しくなってくると、シュウメイギクやシオン、シロクジャクなど秋の宿根草が咲いてくるかと思います。

ダリアは今年は一番花を夏の時期に咲かせ、今剪定をしています。9月下旬頃から順に次の蕾が開花してくる予定です。台風などの自然災害が来ないことを祈ります。


2020/8/14

暑い日が続くなか、ご来園ありがとうございます。園内散策は熱中症に気を付け、無理なく体調に合わせてお過ごしください。カフェでは冷たい飲み物、かき氷もあります。休憩やお食事にどうぞご利用ください。


2020/8/1

梅雨明けました。アナベルが白から緑色へと変化して爽やかです。

夏が似合うタイタンビカス、青空に映えています。人の顔ほどの大きさの花は、天を仰ぐ扇の様です。

ガマの穂。七月初旬の色と比べると、ずいぶんこんがりと焼けた感じです。

ダリアは、暑い中もシャンと背筋を伸ばして咲いています。


2020/7/22

梅雨明けは間近でしょうか。今日は爽やかな風が吹き、風にのって鳥の声や元気な虫の声も届きました。

ユリは次の品種のシーズンへと移り変わり、今は鹿の子ユリが咲いています。ハイブリッド系のユリと

比べると茎も細く、背丈も小ぶりなので控えめな印象です。受粉に適した花弁の形や、甘い香り、ひとつの茎に多くの花をつけることなど、自然の中で育つたくましさを知ると、また違った価値観で見えてきます。

例年より一週間ほど早い開花のようです。内田系(橙色)ブラックビューティー(赤)

ダリアの一番花は栄養もよく行き届き、大きく色鮮やかな花が見応えがあります。


2020/7/17

梅雨の貴重な晴れ間、少しだけ青空が見えたので嬉しくなりました。

ダリアは今咲いているものもあります。秋頃(9月中旬頃~)また見頃を迎える予定です。

ダリアは品種によって異なる花びら、色、大きさ、様々あり、更にそれぞれの名前が特徴的なので、

名前と合わせて観賞するのも楽しいかと思います。


2020/7/13

園内でも数は多くありませんが、希少なヤマユリ「石動山ユリ」が咲きはじめました。

純白のうっすらとした花弁に、濃いオレンジの斑点があり凛とした佇まいが美しいです。

大輪のカサブランカ、ピンク色のソルボンヌ、などの品種が開花しております。

 

花が咲き終わったスカシユリ系の品種については、来年も色鮮やかな大輪の花を咲かせるため、

花茎を切り、球根へと栄養を行きわたらせる作業をしております。


2020/7/6

6月中旬より咲き始めたユリの花たち。時期を終えた品種もありますが、順に新しい品種の蕾が膨らみ、お盆の頃まで楽しめます。石動山ユリも蕾が膨らんできていました。

エキナセア、サンジャクバーベナ、サルビアネモローサ、など紫系の宿根草エリアもきれいです。

あじさいは様々な色合いがあり、雨をまとい一段と花色を濃く感じました。

ガマの穂を優しく触ると、高級な絨毯の様な触り心地でした。自然がつくりだす形、色、触り心地、匂い、

咲く時期、全てが神秘の世界です。


2020/7/4

園内で収穫した稲積梅。とても実が大きくて立派です。昨年好評だった梅ジュースを作るため、

今年も6月中旬に梅シロップを仕込みました。ゆっくりと梅のエキスが氷砂糖に溶け込んできています。

7月半ばころ~カフェメニューに登場できるかな・・・。楽しみです!

梅の香りと癒し効果で、暑い夏の疲れを吹き飛ばしましょう!


2020/7/4

4日㈯5日㈰と、あいやま花いち開催しています。夏の一年草、宿根草などお求めやすい価格で販売しています。ご休憩やお食事にカフェもぜひどうぞ♪


2020/6/27

ダイナミックで豪華なユリと合わせて、宿根草や一年草もきれいな時期です。数は多くありませんが、至る所にかわいらしい宿根草たちが育っています。ダリアの時期はまだ先ですが、一輪見事に咲いているものがあり写真におさめました。蕾も少しづつ膨らんできています。


2020/6/22

今年は例年より少し早く、ユリが見頃を迎えました。園内にあるユリ街道をはじめ、

園内の至る所で26品種1万6千本が8月中旬まで順に咲いていく予定です。


2020/6/14

梅雨に入りました。今日は一段と強い雨で、園内が霧に包まれたかの様です。雨の日は、バラの香りが一段と濃く伝わってきます。バラは咲いているものや蕾もありますが、花が落ちているものが多いです。

先日撮影した場所のユリが、開いたものが多くなっていました。数日のうちに変化していく植物たちの生命力が、雨の恵みを受けて更にパワーアップしそうです。


2020/6/11

ユリの花が数輪咲き始めてきました。しっとりと光沢のある花びらは近くで見ると、また一段ときれいです。笹百合が斜面に静かにたたずんでいました。姿は控えめで目立たないですが、お香の様な深い香りがしていました。

 

鮮やかな赤と、タワシの様な姿が目を引くのはブラシノキです。緑のたくましい葉をつけているのは、ダリアです。開花はまだ先ですが、ぐんぐんと育っています。

バラは雨にうたれ、散り始めているものも多いです。今年も華やかな姿を楽しませてくれたことに感謝しつつ、花びらをポプリ用に集めたり、剪定をしています。


2020/5/27

バラの開花が進んでおります。咲き始めの頃ですが、個人的にはとても好きな時期です。

暖かい日が続いているので、開花は日に日に進んでいくかと思います。


2020/5/20

小さな笹百合の芽が膨らんできました。見頃は6月上旬の予定です。ガーデンに自生している笹百合は200株近くあります。優しいピンクの花ですが、香りは強く存在感があります。葉は、笹の葉と間違えるほどによく似ています。見頃は6月上旬頃の予定です。

バラは咲き始めの蕾が多い時期です。早咲きの品種は咲いており、よい香りがしています。

クレマチス、アヤメ、濃い紫色が新緑の中ではえています。


2020/4/19

チューリップの開花が進んでいます。しゃくなげも、例年より少し早く開花しています。

今年は静かな園内ですが、植物たちは賑やかに咲いています。園内を散策される方は少ないですが、日々変化していく植物たちの手入れは必要です。園内スタッフは草取りや剪定、消毒など忙しくしております。

 

ユリの芽は30センチほどまで背をのばしています。開花は2か月ほど先、初夏の頃となりますが、濃い緑色が目を癒してくれます。


2020/4/4

植物たちは今年も変わらず、優しい春の景色を織りなしています。私たちは去年とはまた違った気持ちで迎える春となりました。

園内は桜が満開を迎えています。シャクナゲは例年より少し早く蕾が膨らんでいる様に感じます。

ユリの新芽が顔を出し、脇芽を摘む芽かきの手入れを行っています。夏頃には大輪の花を咲かせるユリたちも、今は新入生のようにかわいらしく並んでいます。


2020/3/16

週末のはないちでは、たくさんの方が足を運んでくださいました。天候にも恵まれ、園内を散策される方も多く、嬉しく思いました。ありがとうございました♪

今日は肌寒く、時折小雪も舞う日となりました。そんな中、ガーデナーによる春の剪定が始まりました。

バラの芽も動き出して伸びてきています。細い枝を落とし、バラの季節を思い描きながら一株ずつ手入れをしていきます。


2020/3/14

今日、明日(15日)春の花苗の販売を行う「はないち」を開催しています。お庭や花壇作りにぴったりな、苗をお求めやすい価格で販売しております。

園内は、クリスマスローズが咲いております。無料にて開放しておりますので、散策やカフェタイムにどうぞご利用ください。


2020/2/9

雪が積もりました。新雪の上を一番に歩いたのは、誰でしょうか。小さな動物らしき足跡がありました。

陽が差しがさして、雪もどんどん溶け始めてきました。

 

テラスに花ワゴンを置きました♪花数は少ないですが、パンジー、ビオラ、クリスマスローズなど販売中☆

3月14~15日に開催する”はないち"では、たくさんの花苗を販売します。


2020/1/15

新しい年が明けて半月、今年は雪がほとんど降らない冬。降りすぎても困る雪ですが、全く降らないと心配になってしまいます。土の中で春を待っているチューリップの球根も、もういいかい?と早く芽を出してしまいそうです。

 

葉が落ちて、園内の見通しがよくなるこの時期。至る所から小鳥の声や気配を感じるので、目を向けると、ぷっくりと太った鳥たちが木々の間を飛び交っている姿がよく見えます。


2019/12/21

はないち開催中です♪お正月飾りのワークショップもあります♪


2019/12/3

チューリップの球根を園内、至る所に植えました。全て手作業で一粒ずつ植えていきます。

この球根たちが、春に可愛い芽を出して花を咲かせる姿を思い浮かべながら作業は進みます。

 

焼き芋をするかの様な写真は、ダリアの球根を包んでいる作業です。品種ごとに分けて管理し、春にまた土へと戻して開花を待ちます。


2019/11/19

ダリアとバラの時期も終わり、剪定や冬支度が進んでいます。バラは一株ずつ支柱と縄で結び、重たい雪にも耐えられるようにしています。花壇からは一年草を抜き、チューリップの球根を植えています。

 

大輪の花を咲かせてくれたダリアの球根を掘り起こし、冬の間、氷点下以下にならない場所で管理をし、来年に備えます。園内は木々の紅葉がすすみ、落ち葉の絨毯がたくさんできています。

 

冬期もカフェ☕、ドライフラワー専門店ぶらぶら営業しておりますのでどうぞご利用ください。


2019/11/8

ひとつの花が人の顔よりも大きいダリアは圧巻の姿です。剪定をしながら少しずつ花数が少なくなっている株もありますが、品種が多いのでそれぞれに咲いています。

 

オールドローズの谷にあるバラが朱色の実をつけています。ローズヒップは園内ドライフラワー専門店でもドライにしています。


2019/10/21

先週の台風を過ぎてから、上がってきたダリアの蕾が今華やかに咲いています。

中心からギュッと花びらが詰まっているダリアは一輪でも見ごたえがあります。



2019/9/26

秋晴れの気持ちのよい日です。シュウメイギク、シロクジャクなど優しい色あいの花が、宿根草の庭に咲いています。シュウメイギクは花とつぼみが混在している姿が、また可愛らしく見えます。

 

ダリアは涼しくなってくると花色も濃く深くなり、きれいになるそうです。大輪の花を支える茎は太いですが、背丈もあり上部が重たくなり倒れやすいです。ひとつひとつ支柱に麻紐で括り付けたり、剪定をしながら手をかけて大きく育ち、見頃となっております。


2019/9/20

涼しくなってきて、ダリアが元氣に咲きだしました。大輪の花を咲かせている品種、小ぶりでギュッと花が詰まったもの、一輪の中で色が変化しているもの、様々なダリアが咲いています。

バラの剪定が終わりふと見ると、もう花をつけている株があります。先週までは剪定された枝と芽だったものが、ひとつふたつと花を咲かせている姿に驚かされます。

 


2019/9/8

木陰のベンチに座り、空を眺めると秋の高い空でした。オミナエシにかまきりがとまっていたり、まくら木の上でひなたぼっこしているトカゲがいたり…。小さな生き物たちの世界を垣間見ると、邪魔しないよと心の中で伝えて静かに観察させてもらいます。


2019/8/11

暑い日が続いています。あいやまの植物たちも、恵みの雨が欲しそうです。

オミナエシが咲き始め、宿根草の庭で軽やかに風にふかれ涼しげです(決して涼しくはないのですが)

ペチュニュアは暑さにも負けない濃い色で鮮やかに咲いています。

ダリアは暑さで疲れぎみの株が目につきました。少し剪定をし、秋にまた花を咲かせてくれると思います。


2019/8/1

秋バラのシーズンに向けてバラの剪定が始まっています。

カサブランカ・ルドベキア・ダリア・センニチコウ


2019/7/26 はないち開催中🌼26日~28日まで

夏の暑さにも丈夫な花苗を販売しています。苗の育ちや状態がとてもよく、元気な苗ばかりです。

(切り花の販売はしておりません)はないち期間中は園内の入園も無料です。

 

合わせてワークショップや、おこさま対象のワードラリーも行っています♪

カフェでは新メニュー🌼hanaパフェ🌼、かき氷も販売しておりますので、どうぞご利用ください♪


2019/7/24

梅雨もあけ、日差しが戻ってきました。園内は夏に似合う色彩の一年草がたくさん咲いています。

それぞれ色や形も違う中で、お互いを引き立てあいながら咲く植物たちの調和が美しいです。


2019/7/20

ダリアの株が成長しています。ダリアの葉は野ウサギたちや虫に好まれ、ガーデナーも苦労しながら何とか株を守り、大きくなってきているところです。まだ花は数えるほどですが、大輪の花が咲きそうな蕾があがってきています。

ハイブリッド系のユリたちは剪定が進んでいるものもありますが、山百合など品種によっては開花中です。


2019/7/19

希少なヤマユリ「石動山ユリ」が初めて咲きました。かつては氷見市と石川県境の石動山に自生していましたが、乱獲や動物からの被害などによってほとんど見られなくなってしまいました。

今年は当園で20株ほどが咲き、貴重な姿を見せてくれています。


2019/7/13

ゴールデンカサブランカ(黄色)が深い香りを漂わせて咲いてます。高さ2メートルにもなり、太くしっかりとした茎が大輪の花たちを支えている姿は圧巻です。ソルボンヌ(ピンク)は甘い香りが濃く、花の縁の白とピンクのコントラストが印象的です。


2019/6/22

雨あがりの朝。ユリ街道には大輪のユリが咲いています。ユリは咲いた姿も見事ですが、まだ咲いていない蕾にも美しさを感じます。アジサイやアナベルはしっとり雨があたって、緑の葉が濃くいきいきとしています。ユリ・アジサイ・アナベル・ギボウシ花

 

6月27日(木)には、”ガーデンマスターと楽しいユリ園散策”を行います。ユリの育て方や説明を聞きながらユリ園を散策します。ぜひご参加ください♪


2019/6/20

ユリが賑やかに咲いてきました。数は多くありませんが、色のきれいな小さな花たちも、けなげに咲いています。カシワバアジサイ・ユリ・ディエラマ・サルビアファリナセア


2019/5/27

気温の高い日が続きバラの開花が一気に進み、全体にボリュームがでてきました。バラの咲いている庭の近くに行くと、ふわっと香りがしてきます。